いつ起こるかわからない尿失禁の症状|デリケートな問題は病院に相談

女医

性病にかかったら

レディ

感染に気を付ける

良く名前を聞く性病の1つで梅毒がありますが、梅毒トレポネーマという菌によって発生する感染症です。感染経路のほとんどは性行為でセックス、アナルセックス、オーラルセックスなどによって菌が皮膚や粘膜の小さな傷口から侵入することで感染します。口に菌があればキスでも移りますし、もし妊婦が感染していると胎児に母子感染することもあり、非常に注意が必要な性病です。梅毒は不治の病としてかつて非常に恐れられていた病気ですが、治療薬ペニシリンが発見されたことで患者数が激減したので、現在では昔の病気というイメージを持っている人が多いかもしれません。ですがここ数年、昔ほどではないにしろ徐々に増加傾向にあるため、他人事と思わず不特定多数と行わず必ずコンドームをつけたり、定期的に検査したりと対策することが大切です。

症状

梅毒は皮膚や粘膜の小さな傷から病原菌が侵入して感染し血液中に入って全身に広がりますが、男女ともに症状は同じで、4期に分かれます。まず感染から3週間程度の1期は感染した部分の皮膚や粘膜に、しこりでき、しこりの中心部が硬く盛り上がってきます。2期は感染から3カ月後で、病原菌が血液に入り全身に広がっている時期にあたり、ピンク色の円形のあざなどが顔や手足にできます。そして3年間放置すると3期にあたり、皮下組織にできる大きめのしこりができあがり、結節性梅毒疹やゴム腫などと言われます。最近ではこの状態になることはあまりありませんがかなり進行が進んでおり、このまま末期になると心臓、血管、神経、目などに重い障害が出てしまいます。梅毒のやっかいなところはHIVと重複感染しやすいという特徴で、梅毒感染によって傷ついた粘膜からHIV感染しやすくなってしまいます。そのため必ずコンドームを付けるなどの感染防止は必要ですが、定期的な検査などによる梅毒感染の早期発見と薬による治療がいかに大事かこれで分かるはずです。