いつ起こるかわからない尿失禁の症状|デリケートな問題は病院に相談

女医

性病の感染を防ぐために

悩むレディ

感染を防ぐために通院する

代表的な性病の一つに梅毒がありますが、女性の場合は20代、男性の場合は40代から、50代ぐらいの年代の人に増えている病気です。性行為によって感染する病気で、感染してから3週間ぐらい経過すると、性器の周囲やリンパ節などにしこりを感じるようになります。感染に気付かずにパートナーと性行為を持つと、感染させてしまうため、病気が疑われる場合は、早めに泌尿器科や性病科、産婦人科などで検査を受ける必要があります。梅毒は優れた抗生物質が作られているので、以前に比べると恐ろしい病気ではありませんが、感染を拡大させないように、病院やクリニックで、血液検査を受けることが大事です。陽性反応が出るのは、感染してから3週間後ぐらいです。

感染すると陽性感応がでる

梅毒は感染してから、3か月ぐらい経過すると、掌や背中、お腹、手足などに赤い発疹が見られる場合があります。気になる症状が見られたら、早い段階で治療を行うと、治癒する確率が高くなるので、恥ずかしいことではないので、きちんと病院やクリニックで検査を受ける必要があります。血液検査を行うと、感染している場合は陽性反応が出ますが、病気が進行すると反応が強く出る傾向があります。感染に気付いたら、治癒するまでは異性との性行為は避けるようにして、きちんと内服薬を服用して治療を行う必要があります。梅毒は以前の日本に比べると、感染者は減少していますが、若い年代の人は性にオープンなので、複数の異性と性行為を持たないように注意する必要があります。